宇宙戦艦ヤマト 復活篇

12月12日に、あの「宇宙戦艦ヤマト」が復活するそうです!
http://www.yamato-movie.com/

「完結篇」で前艦長の沖田十三とともにアクエリアスの海に沈んだ宇宙戦艦ヤマト。それから17年後の2220年が今回の舞台。その時地球は移動式超巨大ブラックホールの危機に直面していた。

前劇場作が上映されたのが1983年3月19日とのことですので、もう26年前になるのですね!
その空白の期間を埋めるように、どうやら今回ヤマトを含むメカ関係はフルCGのようですね!


■劇場予告編


■パイロット版?
http://www.youtube.com/watch?v=8llG4Y1ca0U&NR=1


・・・・・古代くんが!古代くんが!!!!wwww




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たこみや
2009年09月27日 15:19
どこの銀英かフロンティアか?ww

なんでもかんでもCGにすれば良いと言うもんやないで・・・CG屋さんには悪いけど。
まあ、メカにパース掛けて動かせるアニメーターさんが居なくなったから仕方ないんだろうけどね。。。
あと、数字の単位がキロですか?W
松本れーじ先生は頭に宇宙が付かないと認めません。よく判らない単位で圧倒しないとなw
ファミーユ♪
2009年09月27日 22:13
>たこさん
私も思いましたw<銀英伝

最近の作品は、HD化なども含めてどうしても画面の密度が要求されていて、フルCGや部分CGというのが基本になりつつありますね。
たこさんの言われるように「描けるアニメーターさんが少なくなった」ということもあるかもしれませんが、セルアニメ=作画するライン数を減らしていくという作業に対し、CGの場合は細かいところまで作り上げたモデリングをそのまま動かせるという利点から、メカ関係はいち早くCG化されていったのでしょうね。

そういえばこの復活篇は松本零士さんはどうやら関与されていないプロジェクトらしいです。いまどき「全長3キロ」って言われても、そんなに巨大な感じはしないんですけどねwww
たこみや
2009年09月27日 23:40
しつこくてごめんよ( ̄▽ ̄;

最近は左利きのベースやらギターなんかを手書きで描きまくっていたので。
ほんと、3Dモデリングのスキルがあったら。
どれほど使いたかったか。。。。

最近のCGは色とか描線の入れ方がアナログっぽくなったけど。
ヤマトの様な物をリメイクするなら。パースにアナログ臭さを出さないと。
おっさんは納得しないわwww
パーススケールみたいなのが存在するのであれば。金○伊功スケールとか作らないとな。
ヤマトは前後から見たら、鱈みたいにデブってないとダメだwww
こんなんでCGの整合性をつけるのが大変そうだけど。
アナログ臭さをCGには追求して欲しいな。

恐ろしく難しい事かも知れないけど。。。
ファミーユ♪
2009年09月28日 23:58
>たこさん
いえいえw
確かに例の「ヤマトパース」が無いのは残念ですよね。あれを再現するには、カメラのパースだけではなくて、モデリングからいぢらないといけないのですが、そこいらへんはマクロス(バルキリー)もやっているので不可能では無いはずです。
が、今回ひょっとしたら何か政治的な問題?であれを再現できなかったのかなぁ?なんてことも思ってしまったり・・・。わからないですけどね?w><

この記事へのトラックバック